Menu

トップページ

Home
東京都中央区のカウンセリング 対人恐怖症でお困りなら | センスエモーションカウンセリング

溜めこんだ不安な気持をリフレッシュする変わるセンスエモーションカウンセリングは、東京都中央区で心理カウンセラー金原恵美子が対人恐怖症などのお悩みを中心に対応しております。

カウンセラーは、あなたのミカタ(応援)です

対人関係のお悩みに意外と気が付かない
人との距離や向き合う時の感覚

何ともいえない圧迫感や緊張感などを
解除していくカウンセリングです。

気が付いていない緊張感は、
知らないうちに、いつも歯を食いしばり
肩や腕に力が入り抜けてなく気が抜けない状態です。
通常が緊張していると疲れやすく、
ストレスになります。
こちらでは90分という余裕のある時間をかけてカウンセリングを実施しています。
悩みの引き金になる気持ち(感情)をカウンセラーが受け入れて
お話をお聞きしていきます。
その際に、悩みと不一致な感情、動かせない気持ち、
子どもの頃の傷ついたイメージ等を修復
心の内側から変われます。
元気を取り戻したい、思い通りの自分になれるカウンセリングです。

長く悩みを抱えている方も多くカウンセリングに来られます。




10年間、引きこもる子を1年で外出可能に

はじめまして。
心理カウンセラーの金原です。


この仕事を始めたのは10年引きこもりの子を
仕事へ行けるようにしたのがきっかけです。

自信のない子育て、子どもの事を心配ばかりし不安な日々
これで良いのかと迷いながら出来る限りの事をしてきたつもりなのに
不登校から、ひきこもりになってしまった。
このままじゃいけないと想い心理を学びました。

カウンセラープロフィール詳細はこちら

心は、いつも後まわし?

『 悩みは我慢すれば乗り越えられる 』と、お考えの方は多いです。
 
 体調がすぐれない、お腹が痛い、だるい、食が細くなった等、
 具合が悪くて病院へ行く、
 すると、身体は悪い原因が無い、
 精密検査をしても何も悪いところがなく
 医者から心療内科へと勧められると
 何となく重たい気分になる事はありませんか。

 こころが原因と認めるのに躊躇う人は多いです。

 例えば
 せっかく入った会社、新人の頃は頑張れたのに
 3年目ぐらいから、会社へ行くのが辛くなる。
 上司や同僚の言葉が刺さるように聞こえて、
 『対人関係』の絡みや、責任、プレッシャーを感じ
 入社前にあんなに苦労して、やっと入ったのに
 辞めても次どうしようと悩んでいるうちに、夜も眠れない・・・

『 辛い気分は行動を起こせば解決する 』と、お考えの方は多いです。

 気持ちが辛いまま、行動を起こすと無理が重なります。

 上記の会社が行くのが辛い方は、
 この仕事は自分には向いていない、
 やりがいが無い、会社のココが良くないと
 今のいる状況がそもそも自分には合ってないと
 考えたりします。

 転職、学校へと会社を辞める方もいます。
 もちろん、上手くいく方も大勢いらっしゃいますが
 気持ちが辛いままの行動は

 未解決な感情はストレスの素になる場合も有ります。

 そして、また、何年かすると
 同じ様なパターンになる人は最近多いと感じています。

『 心はコントロールできる 』と思っている方は多いです。

 気分屋、感情的はマイナス言葉のイメージです。
 確かに、腹が立って顔に出したり、涙をすぐ見せたりするのは
 『大人として』と周りの人から非難されます。
 でも、心の中は我慢した気分や感情は溜まっていき
 ストレスフルの状態になります。

   センスエモーション・カウンセリングでは
 その溜まっていく感情を処理をしていきます。  

 悩んでいるとき、人は意外と自分の本当の感情を知らないのです。
 感情をガマンすることで、思考も働かなく、違う行動に走ることもあります。

 こちらのセンスエモーション・カウンセリングでは
 本当の感情は何か探す作業をクライアント様と共にしていきます。
 溜まっている本当の感情を受け入れ処理をしていくお手伝いをします。
 溜まっている感情を消化することで、気持ちが軽くなり、思考が働き、行動しやすくなります。
 
   例えば
 いつも会社へ行くと直属の上司から仕事のやり方について責められる。
 という悩みを持っている就職3年目のAさん。
 仕事に集中したいのですが、上司の目線が気になって
 また今日もうるさく言われるのじゃないかと、そう考えるとプレッシャーがかかり
 夜も眠れない・・・
 カウンセリングでこの上司に対する感情を処理することで
 上司の表情や言い方が自分の父親に似ている、父親と重なることに気が付きました。
 そして、上司の話す内容は、落ち着いて聞くと
 責めてなく、指示をしている言葉だったと理解し上司の言葉をそのまま素直に聞けるように
 なりました。
 自分の感情から、視点を変えていたと悩みを解決していきました。

    ④『 ストレス原因は環境、状況にも左右される 』
 何かのミスをしたとき、思い違いや勘違い?あります。
 勘違いと考えがちですが、
 今までの考え方では通用しないぐらい
 インターネット、パソコン、ラインなど情報量が多く、機械の
 スピードの速さが加速してきています。
 そのため、覚える事も多く複雑化しています。

 人と人の関わり方も変化し
 暮らし方も変わって
 ストレスが溜まりやすくなってきています。

 こちらのセンスエモーション・カウンセリングでは思考・行動と
 そして感情・感覚も大事にしています
 ( 肌の感覚や体の感覚は心と密接しています)

   お客様のこころと感覚のバランスを取り戻し、
 日常の生活をよりよく過ごすためのカウンセリングをご提案しています。
 例)会社復帰、学校へ行けるように、外出可能に

   人と人の会話やふれあいは少なってきています。
 ひとり悩みを抱え我慢している方へ
 寄り添い一緒に心の内側から解決していきます。

          *こちらのカウンセリングではチェアワークを行っています。*

チェアワークとは複数の椅子を使い、そこに悩みの状況をイメージ(投影)することによって
悩んでいる相談者様が客観視できるようにするためのものです。
客観視することで、気が付いていない悩みの本当の原因が解ったり、
自分の気持ち気が付くことを
目的にしています。

●こんな状態に、がまんしていませんか?

  • 眠れない
  • 人の目線が怖い
  • 会社へ行くのが辛い
  • 朝起きれない
  • 人とのコミュニケーションが苦手

お困りの方はお気軽にご相談ください。

対人恐怖症

人と話をしようとするとき、大衆の前で注目を浴びる、そんな場面になると
カチとまるでスイッチが入ったように緊張して
手足が震えたり、強張ったり
心臓の鼓動がドキドキしたり
汗の出る量が多くなったりする人もいます。
対人恐怖症は社会不安障害とも言われています。

● 周囲の人の視線が怖い
● 人前でうまく話せない
● 見られている気がする
● 人前で話せない、字が書けない
● 人前で食事が出来ない・・・
他にもいろいろその人によって困難な事が有ります。

過去にこころの傷を受けた経験の人もいれば
大したキッカケもなく発症する人もいます。
不安感が強くなると生活そのものに支障が起きます。
だいたいの人に見られるのが、「自分はダメだ」と思い込んでいたりします。
こちらでは、体調の感覚や気分、思考、行動を明確にし、
症状を抑えることが出来るようにカウンセリングしていきます。
心の問題は時間はかかります。
ゆっくりと、向き合って解決していきます。

カウンセラー金原恵美子のブログ
心理カウンセリングサーチ