Menu

離婚後うつっぽい方へ

Home

離婚後うつっぽい方へ

離婚によるストレスは次の様なことがあります。
離婚までの道のりはたくさんの棘(イバラ)の道。
始めて体験することが多いです。

法的手続き

パートナーと争う期間が長ければそれだけストレスも溜まっています。
自分の権利や子どもの権利に対する事もお互いに主張があるために気持ちを納得するには、やはりストレスがかかることだと思います。
健康保険や年金、税金、名義変更などの細かい煩雑な手続きへの対応は大変なのでストレスは大きいでしょう。

お金の事

自分一人でこれからどうやってお金を得ていくか、お子さんがいる場合養育費や教育費など心配な点不安な点は多いと思います。

世間体や周りとの関係

今の時代は離婚する方多いので昔ほど世間体は気にならなくなってきていますが離婚を経験していない人たちと話すとき違和感や疎外感を何となく感じる事も多いです。

気持ちの面

パートナーと添い遂げなかったという罪悪感や一人になる孤独感、パートナーがこうでなかったらと相手を責める気持ちや憎しみ、くよくよとこんな人と何で結婚したんだろうという後悔する気持ち、子どもに対して悪いと思う気持ち、やっぱり別れたくなかったという気持ち、もう2度とパートナーはできないのでは無いかという焦りというのもあります。

結婚する前から持っていた孤独感

意外と見落としがちなのは、子どもの頃から持っていた孤独感や人寂しい気持ちがパートナーがいなくなる事や離婚によるストレスから浮上してくる事です。

これらのストレスは意外と自分でも気が付いていたりします。
離婚して新たに再スタートしよう、さっさと忘れようと自分をコントロールしようとしているのになかなかの元気にならない、体調がすぐれない、うつっぽい症状が抜けない方は、『お別れカウンセリング』をしてみませんか?






夫婦関係・離婚を迷ってる方へ

●夫婦関係・離婚を迷っている方へ
別れたい気持ちはどこからでしょうか。
ケンカばかり、会話もない、すれ違い、性格が合わない、一緒にいても・・・疲れる。
別れるのは相手の気持ちや性格を詳しく知った後でも遅くはありませんよ。
長年連れ添ったご夫婦でも意外に知らない事が多かったりします。
心理カウンセラーも使っている
情況適応論(コミュニケーション)講座・恋愛編の受講をお勧めします。
この講座の内容はお互いの愛情表現の不一致を知り
お互いの勘違いを解消するプログラムになっています。
心の内的部分や、
なぜそのような対応をしてくるのか?
相手の好きの基準は? 甘えたいのか、それとも頼られたいのか・・・
相手の気持ちや行動、考え方が解れば自分の対応はもっと楽になります。
ご夫婦二人で受講されるとより良い関係になれます。
お問い合わせ・お申し込みのページからお申し込みください。


恋愛適応セミナー始ります! 2017年10月21日(土)13:00~
初回無料限定10名様ご招待
お申し込みはこちらから →恋愛適応セミナー


こんなことは相談しにくいかな?ということでも、お気軽にお問い合わせください。